頭痛

頭痛イラスト

  • 頭痛で吐き気がする
  • すぐに薬に頼ってしまう
  • 天気の悪い日には頭痛になりやすい
  • 頭痛薬も効かなくなってきた
  • 何もやる気が起きなくなる

日本人の3人に1人は頭痛持ちです

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるといわれます。多くの人は「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、背後に命にかかわる病気が隠れていることもあります。

頭痛施術|葛飾区 たかさごはりきゅう整骨院

頭痛の種類によって施術法は変わります

頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それによって予防法や対処法が大きく異なるため、施術法を間違えればかえって痛みが悪化することもあります。まずは自分の頭痛がどの種類なのかを知り、正しい施術を行えば、頭痛が楽になるのはもちろん、予防もでき、頭痛が起こりにくい体質になります。


当整骨院に来られる中で特に多い頭痛に「片頭痛」と「緊張型頭痛」があります。

 

片頭痛

片頭痛は何らかの理由で脳の血管が急激に拡張しておきます。心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに起こりやすくなります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頚、肩の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

 

 

片頭痛が起きてしまっている時は血管が急激に拡張しているため、痛みが起きている部分は強い刺激はなるべくしません、頚を冷やすのも効果的です。逆に緊張型頭痛は徹底的に首肩をほぐします。

頭痛が出ている時は施術は変わりますが、予防施術としは両方とも頚肩をほぐし、自宅での効果的なストレッチや生活習慣指導がメインになります。

おすすめオリジナル施術|葛飾区 たかさごはりきゅう整骨院

鍼+矯正+置き針による頭痛施術

私どもは頭痛でお悩みの方に当整骨院オリジナルの施術を勧めています。肩こりの原因筋である僧帽筋や菱形筋は脊中の骨(胸椎)についています。その骨や頚の骨を矯正して、周辺の硬くなった筋肉を鍼で血流を良くして筋肉の緊張をとります。また頭部やこめかみ、目の周辺に痛みが出ている場合はその部分に鎮痛を目的に鍼を打ちます。
手にある合谷穴、腕にある外関穴、足にある三陰交穴は頭痛に聞くツボといわれています。鍼の効果を持続させるために、こういったツボに置き針をします。


1回で頭痛が無くなる方もいれば、少し残ってしまう方もいます。オリジナル施術を何回か続けてもらうことによって頭痛が起こりにくい体質になっていきます。また自宅指導として食事、睡眠ストレッチなどのケアもしっかりとしていきます。

医薬品登録販売者による薬物乱用頭痛についての解説|葛飾区たかさごはりきゅう整骨院

薬物乱用頭痛ってなに??

どうしても仕事が休めない時。忙しい育児や家事に追われてしまっている時。
そんな時についつい頼ってしまいたくなる頭痛薬ですが、かえって薬が頭痛の原因を作ってし頭痛薬イラストまっている事もあることをご存知でしょうか??

  • 月に10日以上、頭痛薬や鎮痛剤を服用してしまっている。
  • 月に15日以上頭痛が出てしまう。
  • 予防的に薬を飲んでしまう事がある。
  • いつも服用してる薬が効かなくなってきた。

上記に多く当てはまってしまっている方は、
『薬物乱用頭痛』に陥ってしまっている可能性がありますので注意が必要です。

市販の鎮痛薬を服用されてのケースも多いですが、より効き目の強い医師処方の薬でももちろん起こります。薬の服用過多が主な原因となりますが、脳が痛みに敏感になってしまったり、薬への耐性が出てくることも理由の一つとなります。

 

薬物乱用頭痛の予防方法

再発してしまうケースが多い為、ならないことが一番ですのでまずは予防について。

予防対策例

  • 予防的に薬を飲まないようにする。
  • 頭痛薬の服用は月に10日以内にする。
  • 出来るだけ主成分が少ない単一の薬を選ぶ。カフェインも×
  • 頭痛薬に頼らない解消法を探す。

 

  • 原因究明が最優先。本当に頭痛薬が原因か当整骨院、又は専門機関に受診する。
  • 原因特定 → 薬の服用を中止 → 反動にて偏頭痛や緊張性の頭痛に繋がることも。当整骨院にて施術致します。

医薬品の種類や作用成分にも詳しい『登録販売者』の資格を持つスタッフがおりますので、薬やお身体のことでのご質問も気軽にお受けしています。