肩こり撃退

このようなお悩みはありませんか?

  • 肩こりがひどくなると頭痛になる
  • 頭痛で吐き気がする
  • すぐに鎮痛薬に頼ってしまう
  • 肩こりがひどく歯が浮く
  • 何もやる気が起きなくなる

肩こりから頭痛…には理由があります。元々の骨格が原因で肩こりが起こるケースもありますが、肩こりは日常や仕事をするときの姿勢が原因で起こるケースが非常に多いです。特に仕事中は、作業に夢中になり少し首が前傾になった状態で何時間もパソコンを見ていたり、デスクに向かっています。


首が前傾した状態という事は、頭が前側に傾いていることになりますよね。普通成人で、頭の重さは5~6Kgぐらいあると言われていますから、5Kgのお米を首が支えていると想像してください。相当な負荷がかかっていますね。


当然、肩や背中の筋肉にも負担がかかり、脊柱が歪んでしまうケースもあります。首や肩の筋肉は頭の筋肉ともつながっていますから、筋肉が凝り固まったり、頭の筋肉が締め付けられたりして、筋緊張性の頭痛が起こるのです。

肩こり撃退|葛飾区 たかさごはりきゅう整骨院

頭痛薬を飲んでも治らない…

痛み止めは、痛みを止める事を目的とはしていますが、筋肉の緊張を和らげたり、ましてや骨格の歪みを解消することはできません。


頭痛の根本的な原因を頚椎や脊柱の歪みととらえるならば、痛み止めはその原因を取り除いてはくれないのです。また痛み止めのお薬は、飲み続けていると身体が慣れて効果が分かりにくくなってしまいます。
原因を取り除かないと、この先も頭痛に悩まされ続けてしまう事にもなりかねません。

筋緊張性頭痛は良くなる?

筋緊張性頭痛は、字の通り筋肉の緊張が原因で起こります。筋肉の緊張は、長い時間同じ姿勢でいる事で起こりますから、日頃の姿勢改善と筋肉の過度な緊張を取り除く事で、頭痛は解消できます。

しかし、ただ肩こりや筋肉の緊張をとっても原因が取り除けていなければ、再発の要因に成りかねません。たかさごはりきゅう整骨院の施術は、再発しにくい身体を作っていく事を目的としていますから、筋緊張性頭痛の根本的な原因である首や脊柱、全身の歪みを解消する事で、頭痛の原因を根本的に解消して行きます。

カウンセリングシミュレーション|葛飾区 たかさごはりきゅう整骨院

問診シミュレーション

肩こり → 頭痛

今日はどうされましたか?
肩こりがひどくて頭痛がするんですね?
日頃は頭痛薬など飲んでしまいますか?


頭痛には色々なタイプがありますが、一般的に肩こりから頭痛と言いますと、
筋緊張性頭痛が多いと言われています。


肩こりにもっとも大きく影響しているのは、僧帽筋と言われる筋肉です。
頚椎から肩甲骨、脊柱へと広がる面積の大きなひし形の筋肉です。

そして、頭の表面に張る帽状腱膜と言われる薄い腱状膜と後頭筋を介して
連なります。肩が凝ると、筋肉は収縮します。
僧帽筋が収縮してくると、水泳キャップの様な帽状腱膜を後ろから引っ張り
それが頭を締め付ける原因となって、筋緊張性頭痛が起こるのです。


首回りの筋肉は、基本的に頚椎に付着していますから、矯正で首のバランスを整えながら、僧帽筋や首回りの筋肉の緊張を取る治療を週1回のペースで5回行います。

かたこり施術の様子

そのころには頭痛の頻度も症状も軽くなっているとは思いますが、
間隔を開けながら、経過を観察していく必要があります。


10日に1回ぐらいのペースに減らして経過を診ましょう。